アニメ内のテキストのボリュームについて

ビジネスアニメについて
今回のポイント
ビジネスアニメーション、動画広告など一方通行のアニメでは、テキストの量を控えめにし、視聴者に飽きられないよう留意すべし
当たり前の話ですが、ビジネスアニメーション、動画広告など、特に広告出稿が目的の場合は、発信者が一方的に情報を流すため、テキストの量に気を配る必要性があります。

しかしながら、動画広告やアニメ広告に慣れていないクライアント様に多いのですが、いただいた指示書を拝見したりご要望をヒアリングしますと、伝えたい内容を盛り込みすぎて分かりにくくなっているケースがあります。

想像してみてください。
楽しく観ていたYoutube動画に突然割り込んでくるCM動画、それを楽しい気持ちであるいは真剣に最後まで見続けることができますか?
私だったらよほど自分が興味ある内容でもない限りすぐにスキップしてしまいます。
でもそれが普通ですよね。
アニメーションで広告を出稿し成功するということは、すなわちそういう視聴者の意識に入り込めないといけないのです。
それは容易ではありません。

だからこそ、離脱せず飽きずに観てもらえるアニメーションを作らないといけないのです。
そのためにはテキストはなるべく端的にした上で要点を伝えることが大事です。
また1つのアニメで沢山のことを伝えてはいけません。
そしてテンポの良い展開。リズムの調和。

トリプルエスではそれら全てを考慮しながらアニメーションを組み立てています。